秋田クラス

今回は新幹線で行ったのですが、大曲秋田間の新幹線が止まっていたので、盛岡で下車し盛岡メンバーの車に便乗させてもらうことになりました。
秋田に向かう前に、まずは腹ごしらということで、じゃじゃ麺を食べに行きました。
肉味噌をガンガンまぶして、ニンニクや酢で好みの味に整えて、あとはひたすら食すのみ。
こってり味がうまし。
しかし、うまさに任せて食べ尽くしてはいけない。
すこしだけのこして、生卵を落として茹で汁をかけて、スープとして飲む。
大満足。
このスープを「ちーたん」というらしい。
そして、食べたお店も「ちーたん」というのでした。
また行くことになるでしょう。

その後、無事に秋田に到着し19時から秋田クラススタート。
今回は初級中級ともに螺旋をテーマとしたワークを行いました。
全身をつなげて一つにするためのワークをじっくりと行いました。
ワークの徐々に複雑になっていくので、ボディワークでありながら脳トレ的な色合いも出てきます。

初級の対人稽古では身体操作による螺旋の活用を行い、中級では意念による螺旋の活用を行いました。

 

いつもは集合写真に快適な意念を乗せるのですが、今回は螺旋の意念を乗せました。
この写真を長時間見るのはお勧めしませんのでご注意ください。

 

 

 

稽古後の懇親会では、強烈な火鍋をいただきました。
とてつもない辛さでスープをすすろうものならむせ返ってしまうという代物。
味は抜群に良いんですが、食べ方に高い技術が要求される逸品。
これは口呼吸の人とかが常食にすれば、確実に治りそうだなと思うのでした。

 

そして翌日は象潟の生牡蠣!
非常に運が良いことに通常は900円位する特大のやつが、なんと600円でした!
特大は私たちのグループだけで食べ尽くされてしまいました。
去年に増して甘さが強くこの上ない美味なのでした。
鳥海山と日本海のパワーをふんだんに頂いてきました。

盛岡プチセミナー

盛岡でのプチセミナーは、昨年末に続いて2回目。
截拳道実践団体Deffic盛岡分館の稽古後に1時間程時間をいただき、RENKOの醍醐味をサラッと全体的に味わっていただくというコンセプトでセミナーを開催させていただきました。
昨年末のときに参加くださった方と新しい方と入り混じってのセミナー。
初級中級の練功法を駆け足で実践してもらい、残りの時間は対人稽古に当てました。
初めての人であれば、対人稽古で確実に未体験ゾーンを味わってもらうことができます。

 

私がお相手をしたときには、今まで経験したことのない感覚だったようで、かなり驚かれていました。

いつもいうことですが、私たちの心身一つとって見ても無限に知らないことが存在しているので、それを僅かでも紐解けば人生を大幅に変えることができます。

ぜひ無限に広がる可能性を開いてほしいと、あらためて思うのでした。

そして、翌日は3日間お世話になったDefficのTアドバイザーと温泉に入って、美味しい海鮮定食を食すという修行に取り組んだのでした。
ちなみに温泉では、裸のおっさんが身体操作のことを実演しながら熱く語っていたのでした。
まあ、私なんですが。
食後は、新幹線までの時間が結構あったので、いたるところで秘密の稽古をお礼がわりに行ったのでした。
来月のあったときは、別人のようになっていることでしょう。

最後にお知らせ

ただいま、秋田クラスの方のために、映像教材をつくっています。
出来栄えはイマイチと思いますが、消力・波浪・螺旋の3ワークの映像です。
月1回のクラスだけで覚えるのは困難だと思うので、活用いただければと思います。
出来上がりしだい、お知らせいたします。

あと、来月の秋田クラスの日程は変わります。
また、盛岡プチセミナーも開催予定です。
詳細については、あらためてお知らせ致します。